アダルトチルドレンが「自信が持てない」理由

AC克服カウンセリング大阪の吉野です。

アダルトチルドレン克服カウンセリングを受けられる方に

共通して見られる特徴として

「自信が持てない(自己肯定感を高めたい)」

と言われる傾向があります。

 

それは、ご相談者が悪いのではなくて

「自信が持てない生き方を強いられてきた背景(過去)がある」

ということなのです。

 

なぜアダルトチルドレンは自信が持てない
生き方を強いられてしまったのか?

自己肯定感が高められない状況から抜け出し、
自分に許可を与えるためにはどうしていけばいいのか?

そのステップをご紹介していきます。

 

アダルトチルドレンはなぜ自己肯定感が低いのか

アダルトチルドレン克服カウンセリングを受けられる方に

「カウンセリングが終了したときにどうなっていたいですか?」

と伺うと、必ずと言っていいほど

「自己肯定感を高めたい」
「自信を持てるようになりたい」
「自分好きになれたら」

とおっしゃいます。

 

それは裏を返せば

 

「私は自己肯定感が低い」
「自分に自信が持てない」
「自分のことが好きじゃない」

 

ことを意味してる訳です。

 

そういうご相談を受ける度に

「ああ、自分もそうだったからものすごくわかる…」

「早く自分を認めるようになれるワークを一緒にやっていきたい!」

と、なかば使命感のようなものを感じながら毎日カウンセリングをしています。

 

アダルトチルドレンが自己肯定感が低いのには理由があります。

それは

「子供の頃から自信を持たせてもらえなかったから」

ということです。

単純明快ですよね。。。

 

アダルトチルドレン克服カウンセリングには日々、

子供の頃に自信を剥奪された生き方を強いられてきた方

大人になってからさまざまな『生きづらさ』を感じて

訴えにこられます。

 

アダルトチルドレンに自己肯定感が低い方が多いのは

自信が持てない自分が悪いのではなくて

最初から自信を持たせてもらえなかった

のが原因なのです。

 

なぜアダルトチルドレンは自信剥奪されたのか?

なぜアダルトチルドレンは自信剥奪されたのか?

それは

親の偏った思い込み(愛情)

が原因になることが多いと私は考えています。

 

親の偏った思い込みの例を幾つか挙げると…

  1. 子供は褒めると図に乗ると思い込んでいる
  2. 親は謝るものではない。非を認めてはならない
  3. 子供に失敗させたくない
  4. 親自身どう褒めていいかわからない
  5. 親自身がACで自分嫌い

1つずつ見ていきましょう。

親の思い込み:①子供は褒めると図に乗る

「子供は褒めると図に乗るのよ。だから褒めません」

という親御さんがおられます。

確かに子供って、ちょっとしたことでも褒めると
すぐに有頂天になって、さらにパワーアップ
していきがちですよね。

でも、それでいいんじゃないでしょうか?

子供ってそうやって成長していくものじゃないのでしょうか?

 

さらに親御さんの中には

「子供を褒めるという事を聞かなくなる」

と思い込んでおられる方もいらっしゃいます。

 

でも私が思うのは

「子供は元々言うことをきかないもの」

である、という事実です。

 

一番愛する存在に、敢えて小さな反抗をしていくことで
社会との交渉方法や、挫折の乗り越え方を学んでいくのです。

褒めると言うことをきかなくなる、のではなくて
もともと言うことをきかないことで色々学んでいるのですね。

よく言われる「イヤイヤ期」や「プチ反抗期」は
成長するためには必要なステップなのだと思うのです。

 

なのに親御さんがお子さんのことを認めなかったり
過度に押さえつけようとしてしまうと…

誰にも認められた経験がない(少ない)
自信の持てない大人になっていってしまいます。

 

親の思い込み:②子供に謝るものではない。親は非を認めてはならない

こういう親御さんも多いです。

カウンセリングを受けにこられた(子供側の)方も

「親が私に謝っているのを見たことがない」

と多くの方が言われます。

 

親だって不慣れで不十分なまま親になります。

最初からカンペキで何も間違えない親などいないのです。

なのにいつも

怒られるのは子供で、間違いを指摘されるのも子供です。

 

親が間違っていても

とぼけられたり、逆ギレされて、いつもうやむや。

こうやって子供がいつもワルモノにされてしまう場合…。

自己肯定感や自信に満ち溢れた子供に育つワケがありません。

 

親の思い込み:③子供に失敗させたくない

お子さんの失敗に過度に神経質になるあまり

ほとんどの判断や行動に口を出したり

子供に決めさせた形でも、親のコントロールが影響している場合もあります。

「あなたが決めたらいいのよ」

と言いながらも、親の望む答えを言わないと

あきらかに不機嫌な態度を取ったり

「そうじゃないでしょ?もう一度話し合いましょう」

と納得しない親もおられます。

 

進路を決めるときによくこういうトラブルが起こりがち。

 

あとでついていけなくなって、

「もっと自由に進路を決めさせてほしかった」

と訴えたら

「じゃあのときそう言えば良かったじゃない」

と言われた、というお話もよく聞きます。

 

以前、お子さんの引きこもりに悩まれていた
親御さんは、カウンセリングにこられた当初

「この子はだめな子やから教え込まないとだめになる」

と真剣に信じてらっしゃいました。

そしてそれを手放した瞬間から、お子さんが劇的に
変化しはじめたのです。

 

親の思い込み:④親自身どう褒めていいかわからない

親自身が褒められた記憶がないため

自分が親になったとき、子供をどう褒めていいか
よくわからない、という親御さんもおられます。

(ご相談に来られる親御さんが多いです)

 

自分は(褒められるのを)あきらめて、自分なりに
強く生きることができた(そういうものだと思ってた)

けれど、

子供が問題行動を起こしてしまったり
引きこもってしまってから

どうしていいかわからず、悩んだ末に
カウンセリングに来られる方も多いです。

さらに、ご相談に来られた方の親
(褒めてくれなかった親)が

「あなたの子育てが下手だから…」

と責めたてて、どうしたらいいかわからなくなった、

という場合もあります。

 

親の思い込み:⑤親自身がACで自分嫌い

親自身がアダルトチルドレンの問題を解決できておらず
どうしても自分が好きになれない状態のままで

「子育てをどうやっていけばいいかわからない」

とご相談される親御さんも後を絶ちません。

 

親御さん自身が自分を好きになれない状態のままで
自信を持って子供にOKを出してあげるのは
正直難しいと思います。

でもそれはこの先ずっとそうである、とは思いません。

自分を認め、少しずつ好きになっていくことで
お子さんも認めていけるようになれます。

 

 

ACが無意識のときにやっていること

実は。

アダルトチルドレン(AC)だけに限らず、
人は無意識な状態のときには

欠けたものを探す性質がある」

と言われています。

 

ちょっとカンタンな実験をしてみましょう。

 

2つの丸を並べてみました。

 

片方は完全な丸。

もう一つは欠けた丸です。

 

この図をぼーっと見ていると…

人は無意識に

「欠けた方の丸に意識を向けやすい」

と言われているのです。

 

 

さて、あなたはいかがでしょうか?

 

 

無意識に“足りないもの”を探す脳

これが、心においてどう作用するかというと…

人は無意識のとき、ついつい
自分に『足りないもの』や『欠けた
もの』を
探して、自分責めし始める

ということになりやすいのです。

 

つまり、人は無意識の状態でいるとき

「ああ〜なんて自分はダメなんだ…」

「あのときも失敗したし、今日だって…」

「どうしてこんなにうまくいかないんだろう」

 

と、

 

完全じゃない(欠けた)部分を

どんどん探しはじめちゃう生き物

ということなのです。

 

この『脳の仕組み』をしらないままで

「ついつい自分責めしてしまうんです」

といくら反省して、やらないように心がけようとしても。

 

実際脳はそういう風にできてるんだから

ある意味それが当然だ、ということなのです。

 

無意識に自分責めして自己肯定感が持てないなら

無意識領域で自分責めをしてしまうなら。

それに気づいた瞬間に意識的に書き換えていく

という作業が必要になります。つまり。

 

✕…無意識で自分責めする自分を責める

◯…無意識で責めるのは当然だと受け止めて
  意識的な領域で何度も書き換える

 

という作業を何度も何度も繰り返し
自分に対して行っていくことが

メンタルの落ち込みを防いで、自分を
立て直していくためには必要なのです。

 

自己肯定感を高めるためには仲間やコーチがいた方が有利

無意識に自分を責めてしまうのならば。

定期的にその自分に気づいて、方向を
修正してくれる人がいた方が心強いですよね。

そのためにAC克服カウンセラーは
存在している、と思っています。

(あなたに自己肯定感を身につけて頂くための
技もいっぱい持ってます(^^))

 

 

 

もしここまでお読みいただいたあなたが、

「自分一人では自分責めがなかなか止まらない」

「意識的に書き換えていく方法が知りたい」

「このままずっと無意識領域で自分を
 責める状況からは卒業したい」

 

という状況なら、まずは一度
ステージアップカウンセラーの吉野まで
ご相談いただければ嬉しいです。

一緒に。壁を越えていきましょうね♪

 

☆☆☆☆☆【解説動画】☆☆☆☆☆

今日のお話を動画にまとめました♪
よかったらご覧ください☆

■ アダルトチルドレンが自分好きに
なれない理由
https://youtu.be/GvrnsNSxX0M

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

カウンセリングご利用者の声

アダルトチルドレン克服カウンセリング体験者の方からいただいたお便りを紹介