neko

AC大阪・心の相談室の吉野です。

アダルトチルドレン(AC)が引き起こすことがある問題行動の中で、最も危険視されるのが【虐待行為】です。

『虐待』というと、激しい暴力や折檻等の『身体的虐待』や『性的虐待』『ネグレクト(育児放棄)』という暴力的な行為のことを指すと思われがちですが、実はもっと身近で、普段何気なく行われているもの、と言った方がいいのかも知れません。

ここではアダルトチルドレン大阪による虐待の定義をお伝えし、「どこからが虐待行為になるのか?」「どうすれば虐待は無くすことができるのか」について考えていきます。

【関連記事】アダルトチルドレンが起こしやすい問題:虐待

お父さん・お母さんに知っておいて欲しい虐待の定義「どこからが虐待?」

アダルトチルドレン大阪(AC大阪)では虐待をこのように定義しています。

虐待の定義

他者を思い通りに動かすために、何らかの形で『恐怖観』や『罪悪感』を与え、従わせようとするもの

言葉であっても態度や暴力であっても、他者を自分の思い通りに動かすために、恐怖感を与えて動かそうとする行為は虐待行為だと考えていい、と思っています。

gyakutai

これも虐待のうち?最も相手をコントロールしやすい方法とは?

人を従わせるのに最も簡単なのは「相手に恐怖感を与えること」と言われています。
人は恐怖に縛られると、一瞬頭が真っ白になり、導いてくれる相手にすがろう、という気持ちが芽生えます。

そしてさらに。『罪悪感』を相手に抱かせてしまえば、ますますコントロールはカンタンになるのです。

つまり、心理的な虐待とは
相手にまず恐怖感を与え、その後に罪悪感を抱かせることで容易に実行できてしまうのです。

昔から人は、人に恐怖感を与えることでコントロールをしてきました。
これが家庭内で心理的・身体的・性的に行われるのが『虐待』なのです。

ですが、この方法は長続きしません。
歴史を見ても明らかな通り、恐怖感や罪悪感で統治していた政治は皆崩壊しています。

家庭内においても、大切な家族を恐怖感・罪悪感で抑えこもうとし続ける限り、その家庭は機能不全家族となり、崩壊の一途をたどることになります。

 

yuuhi

恐怖感や罪悪感を与える日々の行為、とは?

お子さんに一度たりとも手を上げたことがない、という親でも、場合によっては「虐待」に該当することも十分あり得ます。

ここでは、日々何気なくやっていることで、お子さまを中心としたご家族の誰かが『恐怖感』や『罪悪感』を背負っていないかを考えてみます。

親は冗談半分で言っていることでも、子供はずっと気に病んだり、自信を無くしたりしがちです。
このようなことがないかチェックしてみてください。

kodomo

これも虐待?心理的虐待につながる何気ない言葉

何気ない言葉でも、その量の多さや強さで相手が恐怖感や罪悪感を感じることもあります。
力の弱いもの(特にお子さま)に下記のような言葉を与えていないでしょうか?

アダルトチルドレン克服カウンセリング大阪の現場で「ずっとこんな風に言われていた」という言葉の一部を紹介します。

  • 「男の子(別の性別)の方が良かった」と言われた
  • 「あんたは何もわかってない」「わからないんだから黙ってなさい」と言われた
  • すぐ怒鳴られた。意味もわからず萎縮していた
  • 何かあるたびに「どういうの?(謝りなさい)」と謝罪を求められた
  • 冗談だとわかってはいるが「橋の下で拾った子」「あんたなんか生まなきゃよかった」と言われ続けた
  • 「あなたがいるからお父さん(お母さん)と離婚できない」と言われた
  • 「あなたは勉強だけしてればいいの」「◯◯大学に受かればそれでいい」と言われた
  • 親戚が寄ると必ず私の子供の頃の失態を笑いながら何度も話す親や親戚たち。盆や正月が嫌い

「えっ?こんなの普通じゃん」と思われた方も少なくないと思います。
ですが、こういうことが日々重なって、本人には忘れられない傷や重荷になっていく、という事実があります。

もちろん同じことを言われても、まったく気にしないどころか、ノリツッコミで返すような気丈な方もおられます。
ですが、そういう方が正しくて、真に受ける方は間違いだ(おかしい)とは言えません。

こういう言葉で相手を黙らせて来なかったか?本人が深く傷ついてないか?これらのことを考える機会を持っていただければ…とAC大阪は考えています。

 

accounseling668

 

アダルトチルドレンは克服出来る問題です!

生きづらさから解放されて、自分の人生に許可を与えられる生き方を共に探していきましょう。

accounselinglp019アダルトチルドレン克服カウンセリング大阪 心の相談室ではアダルトチルドレンが原因で
「なんとなく生きづらさを感じる」
「どこへ行っても人間関係がうまくいかない」
「見捨てられそうな不安感が消えない」
「引きこもり・不登校になりそう(なってしまった)」
等のご相談に、日々全力で取り組んでいます。

アダルトチルドレンは克服できる問題です。
アダルトチルドレン大阪ではたくさんの方がアダルトチルドレン克服を成し遂げておられます。

抱負な解決事例を持つアダルトチルドレン克服カウンセリングならAC大阪にご相談ください。

(アダルトチルドレン克服カウンセリングは大阪市(大阪駅前(梅田)のカウンセリングルームで定期的に行っています。大阪でアダルトチルドレン克服カウンセリングを受けたい方は、大阪での開催日程をご確認ください)

 

【関連記事】アダルトチルドレンの問題行動:虐待
【関連記事】お子さまが問題行動を起こしてしまったとき、親御さんにできること
【関連記事】毒親から離れたいあなたへ

≫ 次の記事:アダルトチルドレンが引き起こしやすい問題②共依存

 

 

カウンセリングご利用者の声

アダルトチルドレン克服カウンセリング体験者の方からいただいたお便りを紹介