お知らせ

新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大防止のため現在カウンセリングは全てオンラインで実施しています。
詳しくはこちらをお読みください

【3/27配信】【4/8更新】【5/18更新】【6/21更新】【7/15更新】← New

コロナウイルス(COVID-19)の広がりに対する当社の見解

(7/15更新)

前回(6/21更新分)は

「感染者数減少に伴い、対面式再開を検討」

とお伝えしましたが、

 

7/15の見解としては

「まだまだ対面式の再開は難しい」

と判断せざるを得ない状況です。

 

その理由としましては

  • 新たな感染者数増大
  • 経路不明者も増加
  • 接触通知アプリの広がりの低さ

が挙げられます。

 

特に3つ目の「コロナ接触通知アプリ」については

カウンセリングルームに起こしいただくための

明確な指標になると考えていたのですが

あまりにも普及率が低すぎ(※)て、データが

信頼できない状況です。

 

※7/15現在のアプリ普及率は706万人で約5%とのこと。

60%程度普及(約8,000万人)していないと信頼度が低い、とのことですので、現状のままでは指標としては使えないと今は考えています。

 

もしこの記事をお読みの方で、アプリをダウンロードされていない方は、すぐにでも登録して稼働させておいてください。

 

【関連サイト】

■新型コロナウイルス接触確認アプリ

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html

■アンドロイド用

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.go.mhlw.covid19radar

■iPhone用

https://apps.apple.com/jp/app/id1516764458

 

 

7/15現在の見解

 

改めて対面式カウンセリング再開については

  1. 大阪・京都の発表が共に「青信号」になること
  2. 上記青信号が10日以上続くこと
  3. 接触確認アプリの普及率が(せめて)5割を超えること
  4. 治療法の確立(ワクチンや治療薬の開発と流通)
  5. 罹患者識別がリアルタイムにわかるようになる

 

これらのことが概ね現実化でもしない限りは

オンラインによるカウンセリングの継続が現実的だろうと

考えています。

 

 

楽しみにお待ちいただいている方には大変申し訳ありませんが

この問題が落ち着くまでは、オンラインによるカウンセリングを

お受けくださいますよう、お願い致します。

 

 

◇ ◇ ◇

 

(6/21更新)

 

新型コロナウイルスの感染者数が減少してきた現状を受け、

今後AC克服カウンセリングにおいても

「ご来場いただかないとカウンセリング実施が難しい方」から

優先的・限定的に、対面カウンセリングを

再開していこうかと考えています。

 

下記に、ご来場いただくためのご注意点を

いくつかまとめております。

 

(ご注意点の中には、最長14日前より

ご準備いただくものがあります。

対面カウンセリングをご希望の方は

下記の点をよくお読みいただき、

お早めにご準備いただきますよう

お願い致します)

 

対面カウンセリングをお受けいただく方の条件

 

新型コロナウイルスへの感染拡大を少しでも防ぐため

対面カウンセリングをご希望頂いた方から

  • 緊急度が高く、かつ
  • 対面でないとカウンセリング実施が難しい方

から優先的に、対面カウンセリングを段階的に

再開してまいります。

 

 

対面でしかカウンセリングが受けられない方の例

 

  • 家族がそばにいて、聞かれると困る場合
  • 家族が話しかけてきて(お子さまや介護が必要な方などが居て)カウンセリングに集中できない場合
  • その他(客観的に見ても)オンラインカウンセリングが難しい場合

こういった状況にある方から、段階的に対面式カウンセリングを再開していきます。

 

(「機械の操作が苦手」「会って話す方が好き」という方もおられると思いますが、状況が状況のため、お申し込みは今しばらくお待ちいただき、どうしても必要とされる方に枠をお譲りください)

 

 

お申し込み方法

 

こちらのページから、ご希望の日程と時間をお選びください。

 

お申込み時、

  1. 備考欄に必ず対面式カウンセリング希望】とお書きの上、
  2. 対面を希望される理由
  3. まずは大阪店(新大阪駅から徒歩約2分)【水・木・日】のみ試験的に開始します。大阪でお受けいただく旨ご了承ください
  4. 下記で紹介する「コロナ接触通知アプリ」インストール後、14日以上経過している旨

をお書きください。

 

後日、事務局より日程調整のご連絡を致します。

 

※上記1~4についての記載がない、または不十分な場合、恐れ入りますが、オンラインカウンセリングでのご案内をさせていただく場合があります。

 

 

コロナ接触通知アプリを(カウンセリング日の)14日以上前からご利用開始ください

 

コロナ接触通知アプリ(厚生労働省)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html

 

こちらのページをご確認の上、必ず

対面カウンセリングの14日(2週間)以上前から

ご利用を開始してください。

 

本アプリは、メールアドレスやお名前などの個人情報を一切知らせることなく、過去14日間に感染が疑われる方と接触した可能性があるかどうかを通知するシステムです。

 

※ アプリをインストールされていない、または2週間以上のご利用が認められない場合は、対面カウンセリングをお断りする場合があります
※ アプリの表示で感染者との接触が通知されている場合、対面カウンセリングはご遠慮いただき、オンラインカウンセリングにご変更をお願いします
※本アプリの登録方法、使用方法等についてのご質問にはお答えしかねます。ご自身で利用方法等ご確認ください

 

 

再開は7月中旬を予定・週に2名さま程度からスタート

 

下記にも述べますが、対面カウンセリング終了の度に、

徹底した室内の除菌・清掃作業・換気を行い、

最低でも2日間(48時間)は

次のお客さまの入室がない状態にします。

 

このような対策を行うため、

事実上、週に2名さま程度しか

ご来場いただけない状況となります。

 

あらかじめご了承くださいますよう、よろしくお願い致します。

 

 

①当店が行う感染防止対策

 

その他、当カウンセリングで行う感染防止対策についてお知らせします。

 

  1. お客さまとカウンセラーの間にアクリル板のついたてを設置します
  2. マスクまたはフェイスシールドの片方または両方を着用します
  3. カウンセリング中は常に窓を開け、換気を行います
  4. 空気中のウイルス失活化の可能性がある機器を設置し、稼働させます
  5. 前日と当日の2回以上検温を行います
  6. コロナ接触通知アプリ画面を提示し、14日以上感染者と接触がないことを明らかにします
  7. お客さまがお越しになる前後には室内の清掃と除菌、換気作業を徹底します

 

 

②お客さまにお願いしたい対策

 

ご来店いただくお客さまには、下記の件ご理解ご了承をお願いします。

  1. コロナ接触通知アプリをお持ちのスマホにインストールいただき、14日以上稼働してください。(期間内に接触表示が出た場合はご来店をお控え願います)
  2. 前日と当日に2回検温いただき、両方が37度以下であることをご確認ください
  3. 喉の痛みや咳、胸部不快感等、体調が優れない場合はご来店をお控えください

 

以上、ご了承いただいた上でお越しくださいませ。

 

 

対面カウンセリング中止の可能性について

 

対面カウンセリング再開の判断の基準の1つとして、いわゆる

大阪モデル」を引用しています。

 

【大阪モデル】
http://www.pref.osaka.lg.jp/default.html

 

大阪モデルの信号機が

黄色や赤になった段階で即日対面カウンセリングを

中止いたします。

 

(ご予約頂いていた方は順次、オンラインカウンセリングに切り替えるか、または青信号に戻った際に優先的に対面カウンセリングのご案内を致します)

 

 


 

(5/18更新)

未だ集結の兆しすら見えないコロナウイルス(COVID-19)。

4/7に政府から【緊急事態宣言】が発令され、約40日が経過。

 

5/14に39県が【緊急事態宣言解除】となり、少しずつ

制限がゆるんでいっている様子です。

 

カウンセラーの吉野自身、緊急事態宣言のちょうど

2週間前から自主隔離を始め、どなたとも接触せずに

オンラインでのやり取りのみの活動を続けてきました。

 

今(5/18)現在、未だお問い合わせは受けていませんが

「そろそろ(対面式の)カウンセリングに戻されますか?」

というお問い合わせが出てくるかもしれないと思い、

先んじて記事にしておきたいと考えました。

 

結論から申し上げると、

当AC克服カウンセリングは

「これからもまだ当面の間は対面によるカウンセリングは行わず

オンラインカウンセリング(及び講座)を継続」

する予定です。

 

当面の間オンラインカウンセリングを継続します

 

対面でのカウンセリングを心待ちにされておられる方も

いらっしゃるかもしれませんが、そういった方には

大変申し訳ありません…。

 

仮に大阪・京都の緊急事態宣言が解除されても

当面の間はオンラインのカウンセリングのみ

継続させていただきたいと考えています。

 

 

オンラインカウンセリング継続の理由

 

  1. リスクをゼロにできる最良の方法だから
  2. 実際のカウンセリングと遜色なくお受けいただけるから
  3. ホワイトボード機能等、豊富な機能がご利用いただけるから
  4. 1日6回の除菌・清掃等の負担軽減のため
  5. より確実に実施できるため

 

これらの理由により、オンラインカウンセリングを継続したいと考えているのです。

少し解説していきます。

 

①リスクをゼロにできる最良の方法だから

 

言うまでもなく、これが最大の理由です。

 

現状、明確な治療法やワクチンが開発されていない状況で

オンラインでも運営可能なカウンセリングを

無理に対面に戻すことが、まだ不自然だと

当社は考えています。

 

「コロナ大流行の第二波が来る可能性」も指摘されており、

これらのリスクを少しでも減らすことに私たち

カウンセラーは協力していく必要があると感じています。

 

ご来店になるお客さまやスタッフの安全のため、

今しばらく、オンラインによるカウンセリングに

ご理解、ご協力をお願いします。

 

②実際のカウンセリングと遜色なくお受けいただけるから

 

そして、これは現在ご利用のお客さまにも

ご感想をいただいているのですが

「実際に行って(カウンセリングを)受けるのと変わらない」

「こっちのほうが楽でいいかも」

「カウンセリングルームの除菌や安全に気を遣ってくださってるのは理解できるけれど、県をまたいでの移動はやはり気が引ける」

「オンラインを早々に導入してくださってむしろ助かってます」

というお声が大半です。

 

中には

「10分前に起きても間に合う(笑)」

と言ってくださる方(猛者?(^^))もいらっしゃって、

 

これもある意味、アフターコロナ・ウィズコロナの

新しい1つのスタイルなのかな、とも感じています。

 

③ホワイトボード機能等、豊富な機能がご利用いただけるから

 

また、これはZoomの機能の1つなのですが、

カウンセリング中に図に書いてご説明する場合、

ホワイトボード機能を使って、説明することが可能で

ご希望の方にはデータをあとからお送りしたり、

その場で写メ(スクリーンショット(スクショ))を

撮られる場合もあります。

 

対面式だと紙に書いてお渡しするのですが

その紙自体の衛生面の配慮等も考えねばならないため

このように気軽にデータとして取得できる方法を

お勧めできることに魅力を感じています。

 

実際のカウンセリングで作った資料

実際のご相談に基づいて、その方に合った資料を

その場でお作りしていける、という面でも

内容の濃いお話ができていると感じています。

 

④1日6回の除菌・清掃等の負担軽減のため

 

3月の20日過ぎまで対面式のカウンセリングも

行っておりました。(1日最大4件)

 

そのときは、来られる前とお帰りになられたあとの

1日計6回を机・椅子・トイレ・ドアノブや壁、

筆記具やゴミ箱等の除菌作業を行う必要があり、

また、換気等にも気を遣っておりましたが

それでも「十分だ」と感じてはいませんでした。

 

厚労省の指導による「3密を避ける」という指標は

いくらやっても、ウイルスが無いことが目視できる

ワケではないため、

 

結局は「自己満足できた段階で妥協」するしかなく

でもこれが結構な負担になっていた部分でもありました。

 

また、マスクをした状態のままでの2時間のカウンセリングは

結構呼吸が苦しくなってしまうことがあり、

お話をしていても、手でマスクを持ち上げて空気を入れないと

苦しい、という(考えてみれば本末転倒な)マスクの利用を

しておりました。

 

もし対面化が実現しても、当面の間はマスク着用での

カウンセリングとなるかとは思いますが、やはり

来られた方の表情を見、こちらも表情を拝見しながら

という状況を考えると、むしろオンラインの方が

便利とも考えております。

 

 

⑤より確実に実施できるため

 

また、仮にカウンセラーの吉野自身や、ご相談者が

たまたま咳き込んでしまったり、微熱が出ていたりしても

お話ができる限りはオンラインでカウンセリングを

行うことができるのも大きな利点です。

 

せっかく意を決してお越しくださっているのに

私の方が

「すみません。。。今日ちょっと咳が出るので…」

などと申し上げるワケにもいきません。

 

また、無症状の状態であってももしかしたら…という

不安を持ったままでお話することもないので

確実に、かつ、ストレスも少ない状態で

カウンセリングを行うことができます。

 

よって、これらの理由から当面の間は

オンラインカウンセリングを継続させていただきます。

 

 

ではいつまでこの状態が続くの?

 

もちろん、

「対面でのカウンセリングが再開されたら申し込もうと思ってる」

「家ではどうしても(他の家族がいるため)受けにくい」

とおっしゃる方もおられるかもしれません。

 

将来的には

「オンラインも対面もご自由にお選びいただけるシステム」を

実現できればいいなと考えています。

 

ですが、現段階では対面式カウンセリングの

再開のメドは

  • 新型コロナウイルスに対する治療法の確立
  • 新型コロナウイルスのワクチンの完成と安定流通
  • 第二波、第三波の危機が去ること
  • 大阪・京都での新たな感染者が発生しない日が1ヶ月程度続き、府が「安全宣言」を出す

これらの状態の全て、または3つ以上が確立されてから、と考えております。

 

 

非対面でもできる仕事なのだから、感染拡大防止に全力で協力します

 

コロナ以降、全世界レベルで生活習慣が一変してしまいました。

 

人と対面するお仕事に恐怖感を感じながらも

使命を持って向き合ってくださっている

医療従事者の方や、小売店の方がより

リスク少なくお仕事ができ、1日も早く

この問題が収束するために、できることを

考え続けています。

 

もちろん対面式でのカウンセリングをご希望

になられる方もいらっしゃるかとは思いますが、

今しばらく、オンラインカウンセリングに

ご理解・ご協力いただきますよう、よろしく

お願い致します。

 

 

 

(以下、4/8にUPした記事です)

 

「室内のクリーン化」から次の段階(ステージ)へ

 

今後のカウンセリングはオンラインでー。

 

3/20過ぎの段階では、正直なところ、この決断をするのに

「まだ時期尚早ではないか」

「ご理解いただけないのではないか」

「十分すぎるほどの(1日6回以上の)消毒をしているので大丈夫なのではないか」

と、かなり悩みましたが、

 

当社のカウンセリングにお越しくださっている方、

そして、そのご家族さまや、親友、お知り合いに

もしものことがあってはならない、という気持ちで

3/27以降のカウンセリングをすべて

オンラインに切り替える、という決断をいたしました。

 

そして、4/7(記事更新日)、

その判断は間違っておらず、早めに方向転換

できたからこそ、現在、スムーズなカウンセリングや

講座運営が安定的にできるようになってきました。

 

もちろん、オンラインカウンセリングに

切り替えたからと言って、カウンセリングの

クオリティが下がることが無いよう、また、

通常の対面式のカウンセリングでは実現が

難しかった「オンラインならではの機能」を

ご利用いただける目処もつきました。

 

ご利用いただいているみなさまにおかれましては、

今回のオンラインカウンセリングへの変更に

ご理解、ご賢察いただけましたら幸いです。

 

 

オンラインカウンセリング(Zoom)について

 

 

当カウンセリングでは以前より、特に海外や遠方に

お住まいの方とのカウンセリングにZoomやSkypeを活用しており、

 

また少し前からは、当社が行っている

「カウンセラー養成心理学講座」の実施や、

京都・大阪・兵庫県内の近郊在住の皆さまの

カウンセリングにつきましても順次、

Zoomでの実施へと切り替えてまいりました。

 

実際にZoomでの対話を初めて体験下さった皆さまからは、

「画面も音声もキレイで対面と変わらない」

「移動時の心配や移動時間が無くなってむしろ安心」

「話し始めの緊張が少なくてよかった」

「ひざ掛けやクッションを抱きながら、好きな飲み物も飲めてこちらの方が快適」

とおっしゃって下さる方がほとんどです。

 

 

みなさまさまざまな工夫をしてくださってるようです(感謝)

 

正直なところ、お申込み頂いた方の中には

「自宅ではなかなか話しにくい」

「家では家族が騒がしくしたり、込み入った話がしにくいんじゃないか」

というお話をされた方も何名かおられました。

 

そんな中でも何名かの方は、カウンセリングを受けるため

離れたお部屋で話されたり、

お友だちにお願いして、お子さんを預かってもらったり、

または自家用車の中から、または公園等でお電話(※)されるなど、

 

みなさまそれぞれ工夫してくださってるようです(頭が下がる思いです)。

 

一刻も早いご家族の問題克服のためにも

「コロナが収束したら」と思われる前に

お早めにご連絡ください。

 

(※お車等、Wi-Fiの電波が届かない環境の場合は、お電話での通話とさせていただきます(当方よりお電話します))

 

 

安全で便利。オンラインの便利な機能

 

また、Zoomの場合ですと

  • お互いが資料やWebページを共有して一緒に見ることができる「共有機能」
  • 一緒にワークしながら同時に書き込むことができる「ホワイトボード機能」
  • カウンセリングのやりとりの一部、または全部を保存できる「レコーディング機能」
  • どうしても言葉にしにくいときに文字を打つことができる「チャット機能」

 

等も豊富。「安全で便利な環境」がご利用いただけます。

(ご希望いただいた場合のみ)

 

(SkypeはZoomほどの機能はありませんが「昔から使い慣れてる」「SkypeのIDをすでに持っている」という方(特に海外の方)に好評です。)

 

ご利用には、スマートフォンやタブレット、

または通話機能のあるパソコンがあれば可能です。

 

(余談ですが、写真のような充電用のコードが挿せる部分が空いているスマホスタンドがあれば、カウンセリング中スマホやタブレットを固定でき、電池が無くなる心配もなく、メモも取ったりできるので便利です)

 

■ スマホスタンド

■ タブレットの場合は(上記のスタンドだと)倒れるのでもう少し大きなものがオススメです

 

 

もちろん、どうしても対面でのカウンセリングを

ご希望なされるということでしたら、

 

今般の状況が落ち着くタイミングを見計らって、

あらためてスケジュール調整させていただくことも

もちろん問題ございませんが、

 

状況次第では長期化しかねない様相を呈して

きておりますため、できる限りで結構ですが

 

この状況が落ち着くまでは

オンラインでのカウンセリング実施にご理解

いただけましたら幸いです。

 

勝手なお願いを申し上げ、誠に恐縮ですが、

何とぞご理解賜われましたら幸いです。

 

今後もベストな提案を常に考えていく所存です。

これからもAC克服カウンセリングを引き続きよろしくお願いいたします。

心より感謝を込めて。

 

株式会社ジャンプアップ

AC克服カウンセリング 代表 吉野遼太

 


 

【追伸】

Youtubeの動画で

「真逆の発想から手洗いの具体的な方法を伝える動画」

がありましたので紹介します。

私はこの動画を見るまで指先をこうやって洗うとは知らなかったです。

 

 

みなさんの努力と工夫でこの状況を乗り越えていきましょう。

私も今まで以上に創意工夫を続けていきます!

 

 

【関連記事】

コロナウイルス(COVID-19)に対する当社の姿勢(2/27・3/1・3/20・3/24更新)
※この記事が長文になったため、こちら(今のページ)の記事を追加しました。

こんなときだからできることをする(新型コロナウイルスに対するACカウンセリングの挑戦)

講座開催時の当社の姿勢

 

アダルトチルドレン克服・毒親問題克服・引きこもり問題のご相談なら、AC克服カウンセリング(大阪・京都)へ

AC克服カウンセリングで今までの生き方を変えてみませんか?

もうこれ以上一人で抱えなくてもいいのではありませんか?

アダルトチルドレン特有の悩みや恐怖心の克服には
AC克服に特化したカウンセリングが有効です。

今まで本を読んだりセミナーに出ても、なかなか胸のあたりのモヤモヤが取れなかったあなたに。

生きづらさから開放された生き方を手に入れるためのステップを紹介しています。

アダルトチルドレン克服カウンセリングを受けて、新しい人生を手に入れましょう。

関連する記事

【アダルトチルドレン克服のために知っておきたいこと】

■アダルトチルドレン(AC)について
アダルトチルドレン克服カウンセリングTOP
アダルトチルドレンとは?ACを正しく知って克服しよう 
アダルトチルドレンと関連の深い「機能不全家族」とは?

■アダルトチルドレン5つのタイプ
マスコット 
ケア・テイカー 
ヒーロー 
スケープ・ゴート 
ロスト・ワン

■ACが引き起こしやすい問題
アダルトチルドレンの特徴(考え方のパターン)とは
「消えたい」と感じる方はアダルトチルドレン克服カウンセリングを

虐待(虐待の種類と特徴)
 お母さん、お父さん、それ虐待かも…
依存症(共依存) 
 共依存チェックリスト
不登校・引きこもり
条件付きの愛
 セックス依存症(見捨てられ不安)との向き合い方

【こんなときどうする?】
子供が引きこもりになってしまったお父さん・お母さんへ
ひきこもりや休職、うつに悩む方へ
■ 引きこもりを改善するカウンセリングの手法

【AC克服カウンセリングを受けたい方のために】
アダルトチルドレン克服カウンセリング大阪:相談日程とお申込み
地図・アクセス
はじめての方へ
AC大阪のカウンセリングの流れとは
心理セラピーを受ける時期・タイミング
セラピー・カウンセリングを受けられた方のご感想
よくある相談・ご質問
アダルトチルドレンカウンセリング企業導入事例

こころのホットライン【無料ご相談窓口】