ロストワンtittle

アダルトチルドレン克服カウンセリング大阪(AC大阪)の吉野です。
アダルトチルドレンのタイプ『ロスト・ワン』は別名「迷子」「ロストチャイルド」「いない子」などと呼ばれます。

とても大人しく、手が掛からないのですが、ややもすると「存在感が薄い」「存在が感じられない」という特徴があります。
このページではロストワンについて詳しく解説します。

 

アダルトチルドレンのタイプ⑤ロスト・ワン(迷子役)とは

以前はネグレクト(親が育児放棄した状態)の家庭の子がなる、と考えられていましたが、最近AC大阪に来られる方は、ネグレクトの反対、つまり過干渉で親の言いなりに育った子がロストワン化する事例が多くなってきました。

過干渉の親からみると「大人しくて手の掛からない『いい子』」なのですが、ロスト・ワン本人からすれば「『どうでもいい子』なんでしょ」と思われていたりします。

ロストワン型ACの特徴

なぜロストワンは『世捨て人』的感覚に陥ってしまうのか

ロストワンになってしまう背景は様々ですが、ロスト・ワン本人が共通して認識しているのは「自分なんてどうでもいいんでしょ?」という感覚です。

これは、マズローの欲求5段階説を用いて説明すると「社会的欲求(愛と所属の欲求)」と「承認欲求」が満たされていない状態である、と言えます。

必要とされている感(自己重要感)が感じられず、自分の孤独感を誰も理解してくれない。
見捨てられた感を強く感じて生きてしまうのがロストワン型アダルトチルドレンの特徴です。

「自分は構ってもらえない」「自分など必要とされていない」「孤独なのにわかってもらえない」「誰も見てくれない」「見捨てられた気持ち」などと感じやすく、その不満感を外に出せずに自分で処理しようとしがちなのがロスト・ワン型アダルトチルドレンの特徴です。

ロストワン型ACチェックリスト

ロストワン型アダルトチルドレンチェックリスト(全10問)

ロスト・ワン型AC(迷子・ロストチャイルド・いない子)の特徴を並べてみました。
あなたのそばにそういうタイプの人がいないか、下記のチェックリストで確認してみてください。

 できるだけ責任を負わない場所にいる
 目立たない・存在感(影)が薄い・いるかいないかわからない、などと言われがち
 ネグレクト(育児放棄)の経験がある。親に抱っこされたり優しくされた記憶がない
 親が過干渉・または他の姉弟より優遇されて育った。それがイヤだった
 自分で判断することができない
 自分のことを気にされるとなぜか鬱陶しさを感じる
 口ごたえや反抗が一切許されない環境にいた
 居心地の良い環境を疑う(どうせまた捨てられるんだろ、など)
 人間関係が長く続かない。自分から関係を断つことが多い
 目立ったことをすると自分が傷つく、と思い込んでいる

ロストワン型のアダルトチルドレンは「長男長女には比較的少ない」と言われています。

先に生まれた兄や姉が「ヒーロー」となっていて、親を助け、親の期待を一身に背負って頑張っていたり、
スケープゴート」になっていて、虐待等のひどい目にあっていたり。
ケアテイカー」化していて、親の面倒をみている姿がつらそうだったり、
マスコット」となって、家族が笑顔でいることに時間と心を捧げている姿を見て

「つまらん。こんな生き方はイヤだ」と思ってしまったのがロストワン型のACによくある背景なのです。

 

ロストワン型ACから解放されるには

 

ロストワン型アダルトチルドレンから克服するために

ロスト・ワンの本当の姿は孤独感がいっぱいで、自分の存在価値を自分でも認められない存在。
意見を言う、決定をする場面を避け続け、自分の振る舞い方がわからない場合が多いのがロストワン型アダルトチルドレンの特徴です。

そしてその生き方が社会生活に出てから却って生きづらい状況を生むことになっていきがち。
なぜなら、社会に出る前の就活では「自分をアピールする」ことを要求され、社会に出てからは「自分の考えや意見を出す」ことを要求されていくから、です。
ロストワン型ACにとっては今まで避け続けてきた仮題だけに、生きづらさを感じてしまう方もいらっしゃいます。

でも、そんな生きづらさを抱え込む必要なんてありません。

あなたはあなたのままで、自分の価値観を認めたっていいのです

ロストワンにも長所があります。
それは、必要以上に相手に干渉しないで、相手に自然体で接することができる点。

あまり相手を変えようとせず(実際にできないことを知ってるので)、程よい距離感で、相手を応援し、見守ることができる、というのがロストワン型アダルトチルドレンの強み、とも言えるのです。

そして、少数でもいいので、本当に自分のことをわかってくれる親友や恋人がいる世界を大切にしながら、実社会では聴き役に徹する生き方がロストワン型アダルトチルドレンには楽に生きていける場所になります。

 

accounseling668

ロストワン型のアダルトチルドレンは克服できます。

今までの境遇を拗ねて生きることが得策とは言えません。
またこれからも同じ目に遭う、という思いが正しいとも言えません。

ロストワンには「聴き手」という新しいアイデンティティを確立する余地が残されています。
新しい生き方を、AC大阪のカウンセラーと共に見つけていきませんか。

アダルトチルドレンは克服できます。いつまでもロストワンでいる必要などないのです。
あなたの新しい生き方を共に探すお手伝いができる日が来ると信じています。

アダルトチルドレンは克服出来る問題です!

生きづらさから解放されて、自分の人生に許可を与えられる生き方を共に探していきましょう。

accounselinglp019アダルトチルドレン克服カウンセリング大阪 心の相談室ではアダルトチルドレンが原因で
「なんとなく生きづらさを感じる」
「どこへ行っても人間関係がうまくいかない」
「見捨てられそうな不安感が消えない」
「引きこもり・不登校になりそう(なってしまった)」
等のご相談に、日々全力で取り組んでいます。

アダルトチルドレンは克服できる問題です。
アダルトチルドレン大阪ではたくさんの方がアダルトチルドレン克服を成し遂げておられます。

抱負な解決事例を持つアダルトチルドレン克服カウンセリングならAC大阪にご相談ください。

 

≫ 次の記事:アダルトチルドレンの特徴や考え方のパターン

 

 

カウンセリングご利用者の声

アダルトチルドレン克服カウンセリング体験者の方からいただいたお便りを紹介