accounseling0011

AC大阪・心の相談室の吉野です。
大阪駅前でアダルトチルドレン克服カウンセリングを行っています。

アダルトチルドレン(AC)が引き起こす問題行動の中で、筆頭に挙げられ、最も危険視されるのが【虐待行為】です。

『虐待』というと、激しい暴力や折檻等の『身体的虐待』や『性的虐待』という暴力的な行為だと思われる方もおられると思いますが、近年問題視され、虐待問題相談件数のTOPになっている虐待があるのです。

このページでは、虐待の種類や、対応策に触れながら、今家庭内で何が起こっているのか、虐待について徹底解説していきます。

 

アダルトチルドレンが引き起こしやすい問題①虐待

虐待は許しがたい行為です。
ですが、みなさんが考えているよりも身近にある問題だとも言えます。

「暴力はキライ。一度も手などあげたことはない」と言う方ですら、虐待をしている可能性があるのです。

親はそんなに激しい行為をしているつもりはない。むしろ愛情をもって接しているつもり。
でも子供にとっては肉体的・精神的に一生傷を負って生きていくことになりかねない。
これが虐待の恐ろしいところです。

まずは虐待の種類と特徴について解説していきます。

yuuhi

虐待の種類と特徴

虐待についてのガイドラインを発表している厚生労働省の情報を引用すると、虐待の種類は4種類。

『身体的虐待』『心理的虐待』『性的虐待』『ネグレクト(育児放棄)』です。
それぞれの虐待の特徴と克服のヒントについて詳しくお伝えします。

虐待行為①身体的虐待

1つめは【身体的虐待】です。

殴る・蹴る・投げ飛ばす・激しく揺さぶる・やけどを負わせる・溺れさせる・首を絞める・縄や器具を使い拘束する などの行為が身体的虐待にあたります。

近年起こった身体的虐待による致死事件で記憶に新しいのは、2016年4月に奈良県生駒市で起きた『プラスチックケース閉じ込め圧迫死』事件。
幼い姉弟を「しつけのため」に「仕方なく」閉じ込め、2歳の長男が帰らぬ人になった事件です。(「 」内の言葉は逮捕された父親の言葉)

別の身体的虐待事件では、夫婦がLINEで「どのような折檻をするか」をやりとりしていた内容が報道されたり、
生後間もない乳幼児を激しく揺さぶることで重い障害を負わせた両親が逮捕されるなど、危険な身体的虐待行為が日常化している家庭も存在しています。

力の強い者が弱いものに対して、暴力を与える。
なぜ愛すべき家族へ向けた拳を開いて、抱きしめることができなかったのでしょう?
虐待を繰り返してしまう理由については後半でお話したいと思います。

chains668

 

虐待行為②心理的虐待

虐待行為の2つめは【心理的虐待】です。

近年この心理的虐待が、虐待の相談件数トップとなるなど、最も深刻な問題といえます。

心理的虐待の定義は下記の通り(厚生労働省の発表を引用)。

言葉による脅し、無視、きょうだい間での差別的扱い、子どもの目の前で家族に対して暴力をふるう(ドメスティック・バイオレンス:DV) など

(参考資料:厚生労働省『児童虐待の定義と現状』

 

心理的虐待の恐ろしいところ

心理的虐待の恐ろしいところは、親や親族などの虐待を与えている当の本人が、虐待を与えていることに気付かずに無意識に行っているところです。

最近では教育熱心な親御さんや、ご近所では優しいと評判の人が『しつけ』や『教育』と称して、子供を心理的に追い込み、結果的に心理的虐待を与えてしまっているのが現状なのです。

心理的虐待を与えている親御さん本人が、自分が虐待を行っていることに全く気付かず(その行為自体が虐待だなどと考えたこともなく)自分の思った通りのレールに子供を乗せようと心理的な誘導を行う日々が長期間続いていて、その異常さに家族の誰もが気づかないのです。

親は子供の心にストレスや恐怖感を蓄積させていることに気付かず、子供自身も生きづらいのは自分が悪いからだ、と捉えてしまい、うつや引きこもりなどの問題が表面化してから家族全員が慌てる、という場合も少なくありません。

 

心理的なコントロールや過度の期待、個性を無視して親の価値観に従わせるなどの行為が重なっていないかを親としては注意することが必要だと考えています。

accounseling0012

【関連記事】お父さん、お母さん、それ虐待かも…

 

虐待行為③性的虐待

虐待行為の3つめは【性的虐待】です。

性的行為(近親相姦)・性器を触る又は触らせる・性的行為を見せる・ポルノグラフィの被写体にする などが性的虐待に当たります。

ACカウンセリングを受けられた方の中にも過去に家族や親族から性的虐待を受けたことが深いトラウマとなって、健全な恋愛ができない状態になってしまった方もおられます。

性的虐待を受けた人の多くが自分自身に罪悪感を背負いがち。
一刻も早く理不尽な罪悪感から解放したい、とAC克服カウンセラーは願っています。

 

虐待行為④ネグレクト

最後はネグレクトです。
ネグレクトとは「育児放棄」による放置的な虐待を意味します。

家に閉じ込め外出させない・食事を与えない・ひどく不潔にする・自動車の中に放置する・重い病気になっても病院に連れて行かないなどの行為がこれにあたります。

場合によっては、親が数日間帰らない、檻に閉じ込めたり、柱に拘束したりする、などと言った「身体的虐待」と組み合わされれることもあり、死に直結しかねない危険な虐待である、と言えます。

また、上記ほどの重篤性がなくても「子供のころほとんど抱っこされた記憶がない」「忙しいから、と接触を拒否された」という経験の積み重ねが、心を傷つけていく場合も少なくありません。

 

ロストワン型ACチェックリスト

 

虐待は家族の誰が引き起こしているのか

実は近年のデータでは、虐待を起こしているのは父親…ではなく、実の母親が最も多いのです(実母52.4%・実父34.5%)。

ニュースで報道されるような死に至る程の虐待の場合は父親が関与している場合が目立ちますが、厚労省のデータでは虐待の半数以上実の母親が起こしていることが報告されているのです。

AC克服カウンセリング大阪にも「気がついたら子供に虐待していた。このままでは子供を殺してしまうと思った」と相談してきてくれたお母さまもおられます。

もしこの記事をお読みの方で、あなたかあなたのお知り合いが「虐待」と呼ばれる行為に走ってしまいそうで怖い、と感じておられるなら、どうかすぐに連絡ください。

 

kodomo

 

虐待はなぜ起こるのか

虐待が発生する背景に「虐待者は子供のころ虐待されていた」パターンが多いことがわかっています。

これは、親が子を虐待するときに「これが愛だ」「お前のためだ」「お前が悪いからだ」と言いながら虐待を受け続けたことが原因と考えられています。

もちろんそんなことは事実ではありません。
虐待をしてしまうのは、される側が悪いのではなく、虐待する側に未解決なメンタル的な問題があるからです。

でも、虐待を受けた側は、親の言うことを無意識に信じてしまい、自分自身のことを責め続けてしまいがち。

私たちアダルトチルドレン克服カウンセラーは、虐待はアダルトチルドレン克服によって解決する可能性が最も高いと考え、日々悩みを訴える方に寄り添っています。

 

【関連記事】毒親から離れたいあなたへ

 

accounseling668

 

もしあなたが虐待者であっても、決してそれを責めたりなどしません

虐待を無くすためには、虐待行為を行ってしまった方を理解し、受け入れることがもっとも大切だと考えています。
過去にアダルトチルドレン克服カウンセリング大阪に訪れた方の中にも、様々な虐待行為を与えたり、逆に受けてきた方と向き合ってきました。

あなたが過去にどんな経験をされてきたとしても。それをカウンセラー個人の価値観で批判したり否定することはあり得ません。
なぜなら。ご相談に来られた段階で、解決方法を共に考えることしかカウンセラーの意識は向いていないからです。

accounseling0005

AC克服カウンセラーと共に、過去を乗り越えていきましょう

アダルトチルドレン克服カウンセラーは、ご相談者がなぜそのような状況に立たざるを得なかったのかをお伺いして、あらゆる角度から解決を図ります。

虐待という、与えられる側はもちろん、与える側も深く傷ついてしまう現状を乗り越え、共に手を携えて生き直していける道のりを考えていきたいと願っています。

ひとりで背負わずに、どうか私たちにご相談ください。
あなたのご連絡を心からお待ちしています

(アダルトチルドレン克服カウンセリングは大阪市(大阪駅前(梅田)のカウンセリングルームで定期的に行っています。大阪でアダルトチルドレン克服カウンセリングを受けたい方は、大阪での開催日程をご確認ください)

【関連記事】お父さん、お母さん、それ虐待かも
【関連記事】お子さまが問題行動を起こしてしまわれたお父さん、お母さんへ
【関連記事】毒親から離れたいあなたへ

≫ 次の記事:アダルトチルドレンが引き起こしやすい問題②共依存

 

 

カウンセリングご利用者の声

アダルトチルドレン克服カウンセリング体験者の方からいただいたお便りを紹介