accounseling0014

アダルトチルドレン克服カウンセリング大阪(AC大阪)の吉野です。
ACが引き起こす問題行動の中で多く相談を受けるのが【不登校・引きこもり】の問題です。

一度「家から出ることができない」「学校や会社に行けない」などの問題が起こってしまうと、混乱と不安感、恐怖感が混じった状態になってしまって、そこから動けなくなり、さらに問題が長期化することになります。

このページではアダルトチルドレンのカウンセリング現場で起こっている引きこもりの状況と、引きこもり・不登校問題解決への流れについてお伝えします。

アダルトチルドレンが引き起こしやすい問題③引きこもり・不登校

まず、引きこもりの傾向が見えたご家族に向かって、アドバイスや説得をして、無理に行かせようという試みだけは行わないでいただきたい、とアダルトチルドレン克服カウンセラーは考えています。

今必要なのはアドバイスや説得、未来の見通しなどではなく、今、動けなくて【つらい思いをしている家族への共感】こそが大切なのです。

引きこもり・不登校のつらさ

不登校や引きこもりを経験した方は、このつらさがどれだけのものか、ご理解いただけると思います。

自分が自分に出す命令がきけないのです。

「服を着ろ」「足を前に出せ」「学校(会社)に行け」という『誰でもできて当然のはず』の行為がどうしてもできない。
頭では行かなければならないのがわかっているのに身体が言うことをきかない。

これは、はっきり言って地獄のような苦しみです。

そして、この苦しみに拍車を掛けるように追い込んでくるのが(大変申し上げ難いのですが)親やご家族の存在なのです。

【関連記事】引きこもりを改善するカウンセリングの手法
【関連記事】お子さまが問題行動を起こしてしまったお父さん・お母さんへ
【関連記事】毒親から離れたいあなたへ
【関連記事】毒親克服ならACカウンセリング大阪

accounseling0035

当たり前のことがどうしてできないの?と答えられない質問を浴びせかけられて

みんなが行っているのに自分は行けない―。
みんな楽しんでるのに自分は楽しめない―。

このことで一番悩んでいるのは当の本人です。

ですが、一番の理解者であるはずの家族が

「学校に行くのは当たり前だ」 とわかりきっていることを威圧的に言われたり
「お願いだから行ってちょうだい」 とただひたすら懇願されたり
「何で行けないの?理由があるの?」 と答えようのないことを聞かれたり
「明日は行く?いつなら行く?」 と約束を迫られるような聞き方をされたり
「もうアイツはダメだ。放っておけ」 と壊れた機械のように言われたり…。

こういうことが続いてますます孤立感を強化していく…という姿が不登校や引きこもりの現場で起こっていることなのです。

 

不登校や引きこもりが起こる原因

不登校や引きこもりが起こる原因は、100人いれば100通りの原因があり、千差万別です。
ですが、それぞれの理由は違えど、お子さまの『状態』は同じです。

今までご相談を受けた引きこもりや不登校で苦しんでおられる方の状態はどんな感じか、ひと言で言うと…

心がオーバーフロー状態

になっておられるのです。

yuuhi

不登校や引きこもりの状態の人が陥っている『心のオーバーフロー状態』とは

不登校や引きこもりの状態の人が陥っている『心のオーバーフロー状態』とは、
自分の心を無視して他人の命令や期待を入れようとし過ぎた状態」です。

ご相談者によって内容は違いましたが

  • 親が指定した学校へ進学しなければならなかった
  • 常に100点満点を取ることを要求された
  • 親の価値観だけを受け入れるように育てられた
  • 「ああいう人とは付き合うな」「ああいう人にはなるな」と指示された
  • 落ち込んだときに「そんなくだらないことで」とか「しょうがないでしょ」と聞いてもらえなかった
  • 自分の意見を言おうとしたら親がヒステリックになって何も言えなくなった
  • 今まで全部親の言う通りに生きてきたのにある日突然「自分で判断しなさい。もう大人なんだから」と言われた

このようなご相談がとても多かったのです。つまり

「自分の思いや希望はほとんど聞いてもらえず、親の価値観通りに生きてきたけれど、もうそれがうまく機能せずにいっぱいいっぱいになってしまった」

ということなのです。

accounseling0004

不登校や引きこもりは、親子関係をやり直すための合図です

心のオーバーフロー状態が起こる前のお子さんは、とても「いい子」であることが多いです。
いい子にしていれば愛されたし、いい子でいなければ愛されない、捨てられるかも知れない、と思いながら生きてきたからです。

AC大阪にご相談に来られる方のほとんどが「反抗期がなかった」と言われます。
それだけ親のいうことをよく聞き、よく守ろうと頑張り続けた証拠だと思っています。

そしてその「自分以外の他者の価値観」が受け入れきれなくなったとき、不登校や引きこもり、うつ、統合失調症、という問題が発生しがちなのです。

ですが、それは永遠だとは思いません。

不登校や引きこもりは、親子関係をやり直すための合図だと、AC大阪は考えています。

親の期待を一身に背負わせていた状況、つらいのを我慢させていた状況、心を抑えて我慢させてきた状況を改めて理解し直して、新しい親子関係を築き上げるための合図だ、と考えています。

【関連記事】お子さまが問題行動を起こしてしまったお父さん・お母さんへ

 

gift

新しいアイデンティティを受け取る姿勢を子供に見せられるかが、問題解決のカギ

今までうまく行っていただけに、親御さんは大変混乱されます。
今までいっていた状況を疑ったり別の角度から見ることを拒否し、外部に原因を探される方が圧倒的に多いのです。

「受験に1度落ちたくらいで」
「付き合うなって言ってたあの子と仲良くしたせいで」
「そもそもあの先生が子供をちゃんと見てくれなかった」
「環境が悪すぎた。今度こそは…」

ですが、原因を外部に求めれば求めるほど、引きこもりや不登校の問題は長期化します

「ひょっとしたら自分の姿勢に問題があったのかも知れない」
「過度の期待をあの子に背負わせてしまったのかも知れない」
「希望を聞いたり、価値観を認めて来なかったかも知れない」
「何よりあの子のことを知った気になってただけだったのかも」

こういう価値観の切り替えができた方から、問題は大きく解決に向かい始めるのです。

アダルトチルドレン大阪のステージアップカウンセラーは、まずはご相談者のお気持ちを十分に汲み取りながら、今、本当はどんな状況が繰り広げられていて、何が必要なのかが受け取れるようカウンセリングを進めていきます。

新しい親子のアイデンティティ(価値観)を見つけ、構築し、機能し始めるまで、ずっとお話を聞きながら問題解決のお手伝いを行いたいと考えています。

【関連記事】アダルトチルドレン克服カウンセリングを大阪でお探しの方へ

 

accounseling668

 

不登校や引きこもりは早期に克服出来る問題です!

生きづらさから解放されて、自分の人生に許可を与えられる生き方を共に探していきましょう。

accounselinglp019アダルトチルドレン克服カウンセリング大阪 心の相談室ではアダルトチルドレンが原因で
「なんとなく生きづらさを感じる」
「どこへ行っても人間関係がうまくいかない」
「見捨てられそうな不安感が消えない」
「引きこもり・不登校になりそう(なってしまった)」
等のご相談に、日々全力で取り組んでいます。

アダルトチルドレンは克服できる問題です。
アダルトチルドレン大阪ではたくさんの方がアダルトチルドレン克服を成し遂げておられます。

抱負な解決事例を持つアダルトチルドレン克服カウンセリングならAC大阪にご相談ください。

 

≫ 次の記事:アダルトチルドレンが引き起こしやすい問題④条件付きの愛

 

 

カウンセリングご利用者の声

アダルトチルドレン克服カウンセリング体験者の方からいただいたお便りを紹介