【ACカウンセリング体験者の声】この人には話して大丈夫なんだと思えました

AC克服カウンセリングを受けてくださったRさんよりお便りをいただいたので紹介します。

 

こんばんは。遅い時間に失礼します。
Rです。
いつもありがとうございます。

今まで考えていた事、考え方は、自分の性格で生まれ持ったものだと思っていましたが、小さい頃からの影響を受けているんだという事を初めて知りました。

ずっと自分が悪いと思っていました。自分で直さないと…自分がガマンしないと…とも思っていました。

カウンセリングの中で
「あなたは悪くない」
「ずっとしんどかったね」
と言われて、初めて受け止めてくれた。話をしても大丈夫なんだと思いました。

今まで思った事を口に出すという経験が少なく、どちらかと言うと、出してはいけない。出さない方がうまくいく。と思っていました

知らない間に、心の奥深くに封印していた気持ち、触れずにいたのか、本当に気づかずこれが現実と思っていたのかわかりませんが、その感情、思いを
「こうなんじゃない?」
と言葉にしてもらい
「そうなんです」
との答えと共に、自然に涙があふれ出てきていたのを覚えています

人前で泣くことも、思いを口に出す場も今までなかったです。
そこから少しづつ心の中の、扉の鎖が外れていき、嫌な事は嫌だと言っても良い。など本当の自分の気持ちに向き合う事ができてきました。

『他人からどう思われているのか』を気にする事ばかりで、本当の自分の思いや考えを口に出さず、周りに合わせていたり、正解が何なのかばかりを常に考えていたと思います。

そこで
『失敗してはいけない』
『間違えてはいけない』
という思いがすごく強く存在していると知りました。

そんな中で
『3つの許可についてのおまじない』

を心の中で呟いているうちに、気持ちが少し楽になる気がしてきました。

まだまだ失敗や間違いをしてしまうのはこわい…という気持ちは、完全になくなってはいませんが、カウンセリングを続けていき、少し楽に考えていけるようになれば良いなぁ…と思います。

毎回のカウンセリングで、自分の事だけスポットを当てお話しができる場所、何を言っても大丈夫な場所として、とても安心して通う事ができています。
とても楽しみな時間です。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

安心安全な場所だと感じることができて、初めて人は本心が言える

Rさん、ご感想ありがとうございます!

とてもしっかり書いてくださって本当に嬉しいです。
どうぞこれからもよろしくお願いします!

 

AC克服カウンセリングの複数回コースをお受けいただき、少しずつ変化されてきたRさん。

その姿を拝見するたびに、私もとても嬉しい気持ちでお話することができました。

 

思えば最初の数回は

「自分が何かを望むのは”ワガママ”だ」

「自分が希望なんてクチにしてはいけない」

という風に自分の感情にフタをするような状態を感じていました。

 

これは、頂いたお便りにもあった通り、

「自分の感情など、出さない方がうまくいく(みんな幸せなはず)」

という、

 

「誰かが「それ、違うよ」と言わない限り、解けない「じゅもん」のようなもの」

だったのだ、と考えています。

 

 

自分の感情や意見など、言ってはいけない?

頭では、自分の意見を言った方がいいことくらい、100も承知だ、とみんなわかってると思います。

でも、

その中の何割の方が「実際に遠慮なく言える」と答えられるでしょう?

 

AC克服カウンセリングに来られる方の多くが

自分の意見を言えばいいことくらいわかっているけど、(自分の意見を)言えば【誰かを傷つけてしまう】と思い込んでいるのです。

 

それは、その方が弱いわけでも、発言能力が欠けているからでもありません。

本当の理由は

 

自分が感情を出すと、家族が壊れてしまいそうな環境だった

からにほかなりません。

 

Rさんもその一人でした。

そして、それが、幼少期の家庭だけでなく、今お勤めのお仕事にも影響していたとは、Rさんご自身気づかずにおられたのです。

それだけでなく

  • 自分が弱い(甘い)からこうなってしまうんだ
  • 自分に指摘されるような落ち度があるんだ
  • 全部自分のせいだ

と、自分を不必要な部分で責め、そのまま進もうとされてたのです。

 

あなたは悪くありません

カウンセリングの席でRさんに何度言った言葉でしょう。

「あなたは悪くありません。なぜなら…」

「あなたに問題があるわけじゃないです。だってこれは…」

「え〜それって、Rさんが悪いことになってしまうんですか?私は決してそうは思いません」

…。

何度も何度もRさんに説明し、ゆっくりゆっくりと、

ひとつひとつの心のパーツを組み上げていくような作業。

Rさんも、ときには笑顔で、ときには涙まじりに一緒に進む中で、少しずつ自己開放が進んでいかれた様子でした。

 

いくら本や先人の言葉に「答えは自分の中にある」「自分を信じていいんだ」と書かれていたとしても、

自分が本当にそうなのかを、本気で信じてくれる誰かにひとつひとつ確認してもらえることこそが大切なんだと、私(吉野)は思います。

 

これからもRさんをはじめとする、AC克服カウンセリングに来てくださるすべての方に

「あなたは悪くありません。なぜなら…」

「あなたに問題があるわけじゃないです。だってこれは…」

「え〜それって、あなたが悪いことになってしまうんですか?私は決してそうは思いません」

とお伝えしていきたいと思っています。

 

毎日多くの方が受けられている「本当の自分の生き方を見つけていくカウンセリング」を体感してみませんか?

毎日Rさんのような体験をされている方がおられます。

「自分らしく生きることにOKを出すことができた」
「自分は間違ってないことに気づけて、少しずつ自信が育ってきたのを感じる」
「生きていい。消えなくてもいい。本気でそう思える日がくるなんて」

という声を日々頂いています。

もちろん「ただお金を払ってカウンセリングを受けさえすれば、変えてもらえる」というものではありません。

 

毎回ワークや宿題をお出しし、何度もくじけそうになりながらも自分と向き合い続けることで、

自分の足で立ち上がる感覚を身につける

という意味を理解していき、日々小さなことから実践を続けることこそが必要です。

 

もし、ここまで読んでくださったあなたが

「私も変わりたい」
「自分の足で立ち上がりたい」
「自分に「生きていい」「消えなくていいよ」「そのままでOK!」と言えるようになりたい」

と思われたなら。

 

この下の案内ページをしっかり読まれた上で、私(吉野)までご連絡ください。

本気で変わりたいあなたと、お会いできるのを楽しみにしています。

AC克服カウンセリングで今までの生き方を変えてみませんか?

もうこれ以上一人で抱えなくてもいいのではありませんか?

アダルトチルドレン特有の悩みや恐怖心の克服には
AC克服に特化したカウンセリングが有効です。

今まで本を読んだりセミナーに出ても、なかなか胸のあたりのモヤモヤが取れなかったあなたに。

生きづらさから開放された生き方を手に入れるためのステップを紹介しています。

アダルトチルドレン克服カウンセリングを受けて、新しい人生を手に入れましょう。

関連する記事

【アダルトチルドレン克服のために知っておきたいこと】

■アダルトチルドレン(AC)について
アダルトチルドレン克服カウンセリングTOP
アダルトチルドレンとは?ACを正しく知って克服しよう 
アダルトチルドレンと関連の深い「機能不全家族」とは?

■アダルトチルドレン5つのタイプ
マスコット 
ケア・テイカー 
ヒーロー 
スケープ・ゴート 
ロスト・ワン

■ACが引き起こしやすい問題
アダルトチルドレンの特徴(考え方のパターン)とは
「消えたい」と感じる方はアダルトチルドレン克服カウンセリングを

虐待(虐待の種類と特徴)
 お母さん、お父さん、それ虐待かも…
依存症(共依存) 
 共依存チェックリスト
不登校・引きこもり
条件付きの愛
 セックス依存症(見捨てられ不安)との向き合い方

【こんなときどうする?】
子供が引きこもりになってしまったお父さん・お母さんへ
ひきこもりや休職、うつに悩む方へ
■ 引きこもりを改善するカウンセリングの手法

【AC克服カウンセリングを受けたい方のために】
アダルトチルドレン克服カウンセリング大阪:相談日程とお申込み
地図・アクセス
はじめての方へ
AC大阪のカウンセリングの流れとは
心理セラピーを受ける時期・タイミング
セラピー・カウンセリングを受けられた方のご感想
よくある相談・ご質問
アダルトチルドレンカウンセリング企業導入事例

こころのホットライン【無料ご相談窓口】