カウンセラーがオススメしたい本【悪しき習慣を書き換えよう】~7つの習慣④~

お知らせ

新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大防止のため現在カウンセリングは全てオンラインで実施しています。
詳しくはこちらをお読みください

 

7つの習慣:その4(最終回)です。

その1)(その2)(その3

 

成功法則本の基本、7つの習慣を、心理カウンセラーの目線で語るシリーズ。

7つの習慣は今回が最終回です。

 

 

 

【オススメ本】7つの習慣:スティーブン・R・コヴィー著

 

7つの習慣

 

この本は

  • 第一の習慣:主体性を発揮する
  • 第二の習慣:目的を持って始める
  • 第三の習慣:重要事項を優先する
  • 第四の習慣:Win-Winを考える
  • 第五の習慣:理解してから理解される
  • 第六の習慣:相乗効果を発揮する(シナジーを創り出す)
  • 第七の習慣:刃を研ぐ

 

という章立てで構成されています。

 

今回は第四・第五の習慣について、説明していきます。

 

 

 

第六の習慣:相乗効果を発揮する(シナジーを創り出す)

 

この画像の本(↓)は実は『新板』です。

(「完訳」とあるのが新版。コヴィー博士が亡くなって1年後に新たに発売されたのが↓の本です)

 

7つの習慣

新版の第六の習慣には「シナジーを創り出す」とあるのですが、これがどうやら「イマイチわかりにくい」という評価もあるようですので、私は(手元にある)旧版にあった

「相乗効果を発揮する」

という言葉で説明していきたいと思っています。

 

 

相乗効果を発揮するとは?→「みんな違ってみんないい」

 

 

旧版の出だしにはいきなりこんな言葉が書かれています。

2人の人が同じ意見を持っているとすれば、そのうちの1人は余分である。

 

この章で書かれていることは

「相違点」を尊ぶ

ということ。

 

AC(アダルトチルドレン)に悩まれている方の多くが

親、または周辺の養育者によって

  • オマエの考えはおかしい(間違ってる)
  • 相違点があるヤツは笑われる(嫌われる)
  • みんなと同じになれ
  • そして親(養育者)のことを『見本』だと思え(もしくは『見本』にはするな)

と教え込まれます。

 

(ときどき「そんな風には言ってない」「言われた記憶はない」と言われますが、実際にそういう言葉を使ったかどうか、ではないのです。
養育者が繰り返し、上記と思わせるような態度を取り続けるだけで「言ったも同じ」か「それ以上」の効果を発揮してしまうのです)

 

社会に出てからも(特に日本人は)

  • 他と同じこと
  • 他と違わないこと

を求められます。

 

良い点は「上意下達」がカンタンで、TOPが命令したら、表面上はあまり文句も言わずに黙々と作業し、そこそこの結果を出すし、

悪い点は「はみ子を恐れる」「他との違いを極度に恐れる」「異物を排除しようとする」「変化を受け入れることを嫌う」などの点が現れると思っています。

ACは、この「他との違い」に過剰反応した人が、深く思い悩んでしまう傾向があります。

 

AC克服カウンセリングでは

  • 違いを必要以上に恐れないこと
  • むしろ違いを楽しむこと(みんな違ってみんないい)

ことを繰り返しお伝えします。

 

最初は受け入れることに抵抗感を示される方もおられますが、やがて

「自分は自分、人は人」

「もしそこで互いが認めあえたらそれは素晴らしいこと」

「もし認めあえなくても、それはそれで仕方のないこと」

という感覚を身に着けていかれます。

 

この辺は「ゲシュタルトの祈り」についての記事にも書きましたが、

 

自分と他者との違いを認め合い、

その違いを「掛け算」してよりよい人生を楽しむ

という感覚こそが大事なのです。

 

 

 

第七の習慣:刃を研ぐ

 

第七の習慣は『刃を研ぐ』です。

 

この章で言いたいことは

  • 第一~第六までの習慣を繰り返せ
  • 肉体的・精神的・知性的・社会&情緒の4つの面を意識的に伸ばし続けよ

というところだと思っています。

 

例えば、誰かが6つの習慣を上手く使いこなして、ある種の成功を手に入れたとしましょう。

でもそれが

 

  • 肉体的な観点から「健康」や「食事」「運動」などでも成功してると言えるか
  • 精神的なもの「メンタル面の管理」「幸せへの貢献」を実感できているか
  • 知性的なもの「学び」や「知識」を深め続け、常にブラッシュアップしているか
  • 社会的&情緒的なもの「社会に対する理解を深め」「自分が社会的にどう振る舞うか」が理解できているか

そして、

  • 上記の4点すべてが「いつでも再現性があり」「いつ、誰に対しても同じように振る舞えるか」

 

のすべてが行えないなら、それは「習慣化できた」とは言えず、さらなる成長が必要なのだということ。

 

カウンセリングの現場においては、カウンセラー自身はもちろんのこと、

ご相談者にも

「いつ、同じような出来事が起こっても、常に上手く処理できるように」

「再現性を意識して」

「幸せの流れに乗り続けることができるよう」

 

意識し続けています。

 

 

まだの方は改めて読んで欲しい

 

7つの習慣は、もしまだの方がいらっしゃれば、一度は読んで欲しい名著と言えます。

 

本を読んだだけでは

「カウンセリングと何の関係があるの?」

と思われる方もいるかも知れません。

 

ですが、カウンセラー目線から4回に渡りお伝えしてきたように、

「カウンセリングの源泉ともなるべき考え方や習慣化のエッセンス」

が、とてつもなく詰まった本だと言えます。

 

もしまだ未入手な方は是非読んでいただければと思うし、

過去に読んだことがある方も、改めて読み返していただければ、と思っています。

 

 

 

7つの習慣

 

【関連記事】

 

 

 

 

AC克服カウンセリングで今までの生き方を変えてみませんか?

もうこれ以上一人で抱えなくてもいいのではありませんか?

アダルトチルドレン特有の悩みや恐怖心の克服には
AC克服に特化したカウンセリングが有効です。

今まで本を読んだりセミナーに出ても、なかなか胸のあたりのモヤモヤが取れなかったあなたに。

生きづらさから開放された生き方を手に入れるためのステップを紹介しています。

アダルトチルドレン克服カウンセリングを受けて、新しい人生を手に入れましょう。

関連する記事

【アダルトチルドレン克服のために知っておきたいこと】

■アダルトチルドレン(AC)について
アダルトチルドレン克服カウンセリングTOP
アダルトチルドレンとは?ACを正しく知って克服しよう 
アダルトチルドレンと関連の深い「機能不全家族」とは?

■アダルトチルドレン5つのタイプ
マスコット 
ケア・テイカー 
ヒーロー 
スケープ・ゴート 
ロスト・ワン

■ACが引き起こしやすい問題
アダルトチルドレンの特徴(考え方のパターン)とは
「消えたい」と感じる方はアダルトチルドレン克服カウンセリングを

虐待(虐待の種類と特徴)
 お母さん、お父さん、それ虐待かも…
依存症(共依存) 
 共依存チェックリスト
不登校・引きこもり
条件付きの愛
 セックス依存症(見捨てられ不安)との向き合い方

【こんなときどうする?】
子供が引きこもりになってしまったお父さん・お母さんへ
ひきこもりや休職、うつに悩む方へ
■ 引きこもりを改善するカウンセリングの手法

【AC克服カウンセリングを受けたい方のために】
アダルトチルドレン克服カウンセリング大阪:相談日程とお申込み
地図・アクセス
はじめての方へ
AC大阪のカウンセリングの流れとは
心理セラピーを受ける時期・タイミング
セラピー・カウンセリングを受けられた方のご感想
よくある相談・ご質問
アダルトチルドレンカウンセリング企業導入事例

こころのホットライン【無料ご相談窓口】