【講座音源を聴かれた方の声】もう「これを聴く前の自分」に戻ることはありません

講座音源

【AC克服の条件】これからの数年を無駄にしない、AC克服のための「3つの鍵」

をご購入いただいた、和歌山県のMさまより、ご感想のお便りを頂きましたのでご紹介します

 

音声講座、ありがとうございました!

講座の中で、日々起こっている何気ない事例を多く紹介してくださったおかげで、わかりやすく、

「私だけじゃない、みんなも同じなんだな」と、安心する事もできました。

 

私の生きづらさの原因が、母親にあることはなんとなくわかっていたのですが、自分の性格の問題だろう、自分の弱さの問題だと思っていた事まで、幼少期からの母親との関係が、影響していたとは、思っていませんでした。

幼少期から培ってきた、考えのくせは、中々すぐには変える事は出来ませんが、それが、自分のせいではなく、自分が生きていく為に仕方がなかったという事がわかっただけでも、私の中では、大きな意味がありました。

1対1は、大丈夫だけど、3人以上の輪が苦手というのも、ずっと感じてきた事なのですが、それも、アダルトチルドレンの特徴だとは、驚きでした。

 

音源を聴かせてもらって、初めて自分の存在を認めていない事に気づきました。それが、自分を無意識に責めまくる原因だったのですね。

「私は、価値がある。他の人に何か利益を与えなくても、何もしなくても、存在自体に価値がある」という言葉の意味と重みを噛みしめながら、自分のインナーチャイルドに、毎日話かけています。

すると、不思議と穏やかな温かい気持ちになれます。

 

母から、毎日のように、責められた経験が、今も、根深く残ってしまっているので、これは、ずっと続けて行こうと思っています。

本当の原因を教えてくれた吉野さんには、とても感謝しています。

 

心の問題は、一気に解決と言うことはなく、きっとこれからも、落ち込んだり、幼少期のトラウマが顔をのぞかせることがあると思います。

なので、これからも「ティッシュ積み上げ法」で、少しずつ自信をつけて、前に進んで行こうと思っています。

 

これから何があっても、この音源を聴く前の自分に戻る事はないだろうとそこは、自信を持って言えます。

そういう気持ちにさせてもらえたことに心から感謝しています。

(和歌山県:Mさま)

 

Mさま、ありがとうございます!

 

とても嬉しいお便りに、感動してうるうるしながら読ませていただきました。

「これから何があっても、この音源を聴く前の自分に戻ることはない」

こんな風に言っていただけることが何より嬉しいです。

 

この音源を何度もお聴きいただき、

MさんのAC克服に少しずつ役立っていくことを心から願ってます。

 

Mさん。ありがとうございました!(吉野)

 

 

AC克服カウンセリングで今までの生き方を変えてみませんか?

もうこれ以上一人で抱えなくてもいいのではありませんか?

アダルトチルドレン特有の悩みや恐怖心の克服には
AC克服に特化したカウンセリングが有効です。

今まで本を読んだりセミナーに出ても、なかなか胸のあたりのモヤモヤが取れなかったあなたに。

生きづらさから開放された生き方を手に入れるためのステップを紹介しています。

アダルトチルドレン克服カウンセリングを受けて、新しい人生を手に入れましょう。

関連する記事

【アダルトチルドレン克服のために知っておきたいこと】

■アダルトチルドレン(AC)について
アダルトチルドレン克服カウンセリングTOP
アダルトチルドレンとは?ACを正しく知って克服しよう 
アダルトチルドレンと関連の深い「機能不全家族」とは?

■アダルトチルドレン5つのタイプ
マスコット 
ケア・テイカー 
ヒーロー 
スケープ・ゴート 
ロスト・ワン

■ACが引き起こしやすい問題
アダルトチルドレンの特徴(考え方のパターン)とは
「消えたい」と感じる方はアダルトチルドレン克服カウンセリングを

虐待(虐待の種類と特徴)
 お母さん、お父さん、それ虐待かも…
依存症(共依存) 
 共依存チェックリスト
不登校・引きこもり
条件付きの愛
 セックス依存症(見捨てられ不安)との向き合い方

【こんなときどうする?】
子供が引きこもりになってしまったお父さん・お母さんへ
ひきこもりや休職、うつに悩む方へ
■ 引きこもりを改善するカウンセリングの手法

【AC克服カウンセリングを受けたい方のために】
アダルトチルドレン克服カウンセリング大阪:相談日程とお申込み
地図・アクセス
はじめての方へ
AC大阪のカウンセリングの流れとは
心理セラピーを受ける時期・タイミング
セラピー・カウンセリングを受けられた方のご感想
よくある相談・ご質問
アダルトチルドレンカウンセリング企業導入事例

こころのホットライン【無料ご相談窓口】