【引きこもり問題】子の共通点とは?

お知らせ

新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大防止のため現在カウンセリングは全てオンラインで実施しています。
詳しくはこちらをお読みください

 

前回の記事では

引きこもりのお子さんの親御さんに

ほぼほぼ共通の傾向がある、

というお話をしました。

 

■引きこもりや不登校の問題を

抱えている方のカウンセリングを

お受けしていると、

 

親御さんのコントロールを受けた結果

お子さん側にも共通の特徴が出ます。

 

■逆に言えば

不登校・引きこもりになってしまった

お子さんとお話しているうちに

いろいろ聴くまでもなく

 

「ああ、親御さんのコントロールを

受けてしまっているんだな」

 

ということが見え隠れしてきます。

 

 

■引きこもりのお子さんが

必ず持っている【共通点】とは?

 

  • 『優しく』『自分に厳しく』
  • 『自己犠牲の精神で』
  • 『親に順応しようと努力した』点

です。

 

 

【参考記事】

引きこもり問題:親の共通点とは?

 

引きこもりのお子さんの特徴①優しい&自分には優しくない

 

■ここは言うまでもないかも知れませんが

引きこもってしまわれるお子さんの

共通の特徴が

『優しい人』です。

 

言い方を少し変えると

『とってもいい人』なんです。

 

■実際に引きこもりを体験した方に

お話を伺っていると、家の中でも

「優しい存在であろうとしたんだな」

という様子が伺えます。

 

■しかし。その優しさも、

コントロールしようと思った親

にしてみれば、どうやら

 

  • 甘い
  • 弱い
  • そんなんじゃ世の中についていけない

 

と評価されがちなようで、

それで、優しい子は

優しい自分に優しくできない状態

に陥ってしまいがち。

 

■私のところには

とっても周囲に気が遣えて、本当にいい子で

周りの仲間にも愛されているのにも関わらず

 

「自分のようなデキソコナイが

この世に存在してるだけで

みんなに迷惑を掛けている」

 

などと言って泣き始める方もいます。

 

■もちろん、その方が言ってることは

事実とは全く異なります。

1mmたりとも合っていないのです。

 

  • あなたがいることでみんなが救われてる
  • あなたと出会えてみんな感謝している
  • あなたの優しさに癒やされてるんだよ

 

などと言っても、その言葉は

なかなか届くことはありません。

 

■でも。それが真実なのだから。

私は何度もその言葉を届けます。

 

だって。

親が与えた評価(弱いだの甘いだの)

の方が、圧倒的にどう考えてもおかしいのに

それを信じて生きようとしているところに

大きな問題があるのだから。

 

■その方の生きていく上での

『長所』となる『優しさ』を

『短所』だと『勘違い』している状態は

 

■まるで洗脳に似たようなもの

だと感じています。

 

■この状態が解けて、

自分の優しさをほんの少しでも

自分自身に向けていくことができるよう

粘り強くカウンセリングを続けていく

必要があるのです。

 

 

 

引きこもりのお子さんの特徴②自己犠牲

 

■なぜ(上記のように)優しい子になったのか?

それは

「その家で犠牲的な役割をする必要があった」から

にほかなりません。

 

■自分さえ(自分の言いたいことを抑えて)

いい子でいれば、

  • 親が喜んでくれる
  • 母が悲しまなくて済む
  • 父が怒らなくて済む
  • 親の夢を叶えてあげることができる
  • 親を困らせなくて済む

と思い込んで、

 

■本来子どもが背負う必要などない役割を、

背負って生きようとするのです。

 

■自己犠牲を買って出てしまった子は

社会に出てもついつい「受け身」になりがち。

 

■問題が起こるたびに

  • 自分のせいだ
  • もっと早く(自分が)気づいていれば
  • 配慮が足りないから問題が起こってしまった

と自分を強く責めるようになります。

 

■もちろんこれも事実ではありません。

ただ、育ってきた環境が

「自分が悪い(弱い・配慮が足りない・気付かなかった」

と感じていなければいけなかった

というものだったから、

 

社会に出てからも

自己犠牲を発揮しようとしてしまっている

のです。

 

■そんな風に自分を責めている子に対し

(そんな風に自分を責めるようにした当の)親が

「そんな風に背負うな」

「考えすぎだ」

「大体オマエは昔から弱い」

「こんな風に育ったのは(もう片方の親の)育て方が甘かったからだ」

などと断じはじめてしまうために

子どもは余計に自己否定感を強めてしまう、

という状況に陥るのです。

 

◇ ◇ ◇

 

■少し余談になりますが、

こういった記事を書く度に、一部の方から

「自分のことが書かれていて心がギュッとなります」

「まさに自分はそういう親でした」

とご感想をいただく場合がありますが、

 

■実はそういうご感想をいただく方は

むしろ、優しい方の方が多いです。

(そんなにひどくコントロールした訳でもなく

「そこまで深く背負わなくても」という方がほとんど)

 

■怖いのは、私がそういう話をしても

 

「ほう。世の中にはそんな

ロクでもない親がいるんですなぁ」

「でも私はそうではありません。

先生。あなたは少し勘違いされてるようです」

「これからする私の話を聴けば、100人中

99人は納得するはずです」

 

という態度で平然と話されはじめる、

 

【自分で傷つけておいて、平然と正当化する】

タイプの方なのです。

 

 

 

引きこもりのお子さんの特徴③順応しようと努力し続けた

 

■優しくて、自己犠牲感の強いお子さんは

なんとかつらい環境にも順応しようと

頑張りはじめてしまいます。

 

■なぜなら、自分が適応しないと

悲しい思いをしてしまう家族がいるから。

 

■自分はその家族を守るために

なんとか順応しようとしはじめます。

 

■そうすると。

自分の「嫌だ」「嫌いだ」「腹が立つ」

などの感情があればあるほどうまく

対応できないことに気が付き始め、

やがて

 

■自分の感情なんて邪魔なんだ

と「感じること」をやめてしまう

お子さんもいます。

 

■それが続くと

感情を殺して行動する

ということが常態化してしまい

 

■やがて一切動けなくなる

 

という状況を迎えてしまうのです。

 

 

間違ったものは「間違ってる」と言っていい

 

■引きこもりの問題は

解決まで時間がかかります。

 

■それは

「間違ったことを「間違いだ」と言えて」

「自分の判断で生きて大丈夫だ」

と思えるまでにどうしても時間がかかるから

なのです。

 

■よく、ひきこもりの原因になるような

原因を作った親御さんが

「もうこの先は勝手に生きていけばいい」

「20歳過ぎたら自己責任。好きにしろ」

と言って、切り捨てるような扱いをすることがあります。

 

(先述の通り、そう言っておきながらも

「いやいや、あれはそういう意味ではなくて」と、

「相手がどう受け取ったか」よりも

自己弁護ばかりに夢中になる方がおられますが

それは違います。

あなたの言葉を「どう受け取ったか」が大事なのです)

 

 

むしろお子さんよりも時間が掛かるのは親御さんです

 

■間違ったことは「間違ってる」と。

カウンセリングの現場では、

(もちろんご相談者さんのことを慮りながら)

優しく、かつ、ハッキリとお伝えしていきます。

 

■そして、お子さん側には

「あなたは何も悪くない」と。

「あなたの考えは何も間違っていない」と。

「但し、自分を責める考えだけは止めていこうね」と。

時間をかけてお伝えしていきます。

 

■引きこもり問題のカウンセリングは

お子さんだけが受ければ済む問題ではなく

 

■親御さんもご一緒に(または別日に)

お受けいただくことが大切。

 

■ハッキリ申し上げて、お子さん本人より

親御さんの方が回数が多くなります。

 

■それは「今まで当たり前のように」

やってきたことに対して

「違うものは違う」ことをしっかり

受け止めていくためには時間が掛かるから。

 

■今まで「正しい」「これでいい」

と思っていたことに対して

「実はそれが正しい訳ではなかった(かも)」

「ひとつしかないと思ってた道にも

別の歩み方があったのかも」

「自分が子どもに与えてたことは、

コントロールだったのかも」

と受け入れていくことは、とてもつらい

ことではあります。

 

■「絶対こうでなければならない」という

プライドのようなルールを

ゆっくりと緩めていくことで

お子さんの生き方も変化していきます。

 

 

【関連記事】

引きこもり問題:親の共通点とは?

引きこもりは子どもに問題がある?

虐待は「昔のことやんか」では済まない

引きこもりの「本当の理由」

引きこもりに効果的なカウンセリング

 

 

AC克服カウンセリングで今までの生き方を変えてみませんか?

もうこれ以上一人で抱えなくてもいいのではありませんか?

アダルトチルドレン特有の悩みや恐怖心の克服には
AC克服に特化したカウンセリングが有効です。

今まで本を読んだりセミナーに出ても、なかなか胸のあたりのモヤモヤが取れなかったあなたに。

生きづらさから開放された生き方を手に入れるためのステップを紹介しています。

アダルトチルドレン克服カウンセリングを受けて、新しい人生を手に入れましょう。

関連する記事

【アダルトチルドレン克服のために知っておきたいこと】

■アダルトチルドレン(AC)について
アダルトチルドレン克服カウンセリングTOP
アダルトチルドレンとは?ACを正しく知って克服しよう 
アダルトチルドレンと関連の深い「機能不全家族」とは?

■アダルトチルドレン5つのタイプ
マスコット 
ケア・テイカー 
ヒーロー 
スケープ・ゴート 
ロスト・ワン

■ACが引き起こしやすい問題
アダルトチルドレンの特徴(考え方のパターン)とは
「消えたい」と感じる方はアダルトチルドレン克服カウンセリングを

虐待(虐待の種類と特徴)
 お母さん、お父さん、それ虐待かも…
依存症(共依存) 
 共依存チェックリスト
不登校・引きこもり
条件付きの愛
 セックス依存症(見捨てられ不安)との向き合い方

【こんなときどうする?】
子供が引きこもりになってしまったお父さん・お母さんへ
ひきこもりや休職、うつに悩む方へ
■ 引きこもりを改善するカウンセリングの手法

【AC克服カウンセリングを受けたい方のために】
アダルトチルドレン克服カウンセリング大阪:相談日程とお申込み
地図・アクセス
はじめての方へ
AC大阪のカウンセリングの流れとは
心理セラピーを受ける時期・タイミング
セラピー・カウンセリングを受けられた方のご感想
よくある相談・ご質問
アダルトチルドレンカウンセリング企業導入事例

こころのホットライン【無料ご相談窓口】